ダイアログ・イン・ザ・ダークとは?

目以外のなにかで
ものを見たことがありますか?

この場は完全に光を閉ざした“純度100%の暗闇”。
普段から目を使わない視覚障害者が特別なトレーニングを積み重ね、
ダイアログのアテンドとなりご参加者を漆黒の暗闇の中にご案内します。
視覚以外の感覚を広げ、新しい感性を使いチームとなった方々と
様々なシーンを訪れ対話をお楽しみください。

1988年、ドイツの哲学博士アンドレアス・ハイネッケの発案によって生まれた
ダイアログ・イン・ザ・ダークは、これまで世界41カ国以上で開催され、
800万人を超える人々が体験。
日本では、1999年11月の初開催以降、これまで22万人以上が体験しています。
暗闇での体験を通して、人と人とのかかわりや対話の大切さ、
五感の豊かさを感じる「ソーシャルエンターテイメント」です。

発案者

アンドレアス・ハイネッケ
アンドレアス・
ハイネッケ
Dialogue Social Enterprise創設者、哲学博士

代表

志村 真介
志村 真介
ダイアログ・イン・ザ・ダーク・ジャパン代表

総合プロデューサー

志村 季世恵
志村 季世恵
バースセラピスト、一般社団法人ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ代表理事

VIDEO GALLERY

イベントレポートはこちら

CONTACTお問い合わせ

各種お問い合わせ

イベントに関する各種(一般・メディアの方)
お問い合わせはこちら。

お問い合わせはこちら

ご支援のお願い

ダイアローグ・ジャパン・ソサエティでは、
さまざまな形でのご寄付を募っています。

詳しくはこちら新しいウィンドウが開きます